医薬品による薄毛の治療が一般的

医薬品による薄毛の治療が一般的

薄毛,髪型

AGAの診察をクリニックなどで受けると、プロペシアやミノキシジルなどの医薬品による治療が一般的です。

医薬品は作用は大きいものの、植毛のような手術に比べると頭皮を切ったりなどのリスクがなくリラックスして治療を受けやすい点で人気があるようですね。
AGAには、つむじはげとM字はげの2種類の薄毛の症状がありますよね。
まずは、プロペシアの主成分であるフィナステリドは、M字はげに十分な効果が期待できるようです。
M字はげの原因は、脱毛症状を進行させる男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」にあります。
フィナステリドには、ジヒドロテストステロンを体内に生成しないよう働きかける作用があります。
それから、ミノキシジルは、つむじはげに十分な効果が期待できるようです。
つむじはげの原因は頭皮の血行不良にあり、ミノキシジルには頭皮の血行を改善する効果があるのです。
ところで、AGAはつむじはげかM字はげのどちらかだけではなく、両方とも発症してしまう複合型もありますよね。
「プロペシアを服用しているが、M字はげは改善してもつむじが改善しない。」
「ミノキシジルを使用しているが、つむじは改善してもM字が改善しない。」
よくいずれかの薄毛のみが改善して、いずれかが改善しないケースが見られますよね。
つむじはげもM字はげも同じような理由に見えて、実は血行不良と男性ホルモンとで薄毛の理由が異なるのです。
両方の薄毛を改善しようと思ったら、プロペシアとミノキシジルの両方を使用しなければならないこともあるようです。
ただ、プロペシアもミノキシジルも元々は病気の治療に使われていたもので、それぞれ強い作用を発揮します。
だからこそ、やはり医薬品でAGAの治療を受ける場合には、必ず医師の処方を受ける必要があります。
ちなみに、「個人輸入」と言う方法では医師の処方が無くても医薬品を購入することが出来るのですが、やはり安心して治療を受けるためには専門家である医師の指示を受けることをお勧めします。

 

頭皮の赤みを至急改善!頭皮環境をスピード改善させる育毛剤はこちら↓↓

ikumouzai